ええかげんにしなはいよ!

嫁さんから開口一番、言われる言葉・・・です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

初詣旅行2

R-DSC_2691.jpg
AM6:50すがすがしい朝を迎えた・・・
のは、どうやら、私だけだったらしい。(笑)

娘曰く、『昨晩の、お父さんのいびきのすごいこと・・・おかげで、寝不足!!』
と、非難ごうごう。

私『・・・ごめん!』
そう言うしかなかった・・・。(トホホ)

女性陣は、顔の塗りたくりを開始したので、私はそそくさと、朝風呂へ行くことに。
朝のブーイングも、きれいさっぱりと洗い流して、部屋へともどった。

R-DSC_2692.jpg
窓の下には、人力車夫と、鹿! 早朝からご苦労様である。
さあ、朝ご飯だ!!
(昨夜、あれほど食べたのに、一体どこに消化されたのだろう?)

R-IMG_0032.jpg
朝食は、薬膳。
地下一階、バイキング形式。
たくさん種類があったので、いろいろな種類を、少量づつ、バランスよくいただいた。

R-DSC_2717.jpg
ホテルのチェックアウトは、AM10:00なのだが、宮島を観光する間は荷物は何時まででも預かってくれるという。

R-DSC_2695.jpg
AM8:50チェックアウトを済ませて、朝の島内観光へと出かけた。
昨日とは、またちがう景観が、迎えてくれた。

R-DSC_2696.jpg
朝日を浴びて、水面に浮かぶ大鳥居。

R-DSC_2698.jpg
昨日、歩いていた時に、ロープウェイの看板を目にしていたのであるが、
夕刻迫る時間帯だったので、本日にとっておいたのだった。
(ときどき走って・・・って、ムリ!!)

紅葉公園があって、そこを散策しながら登って行くのだが、名前の通り、紅葉の季節ならば、
さぞかし綺麗であろうと思えた。

AM9:30ロープウェイ乗り場到着

R-DSC_2710.jpg
入り口には、毛利元就にちなみ、こんなものが・・・。
(どこへ行っても、すぐ調子に乗る者が、必ずいるのだ!)

circulation.jpg
まずは、紅葉谷駅(もみじだにえき)から、榧谷駅(かやたにえき)までのロープウェイは、
循環式の小型(8人乗り)で、次から次に乗り込むことができるから、待ち時間は少ない。

R-DSC_2707.jpg
まだ、朝早いので、霧?がかかっている。

alternation.jpg
榧谷駅(かやたにえき)から、獅子岩駅(ししいわえき)までのロープウェイは、
交走式の大型(定員30人)で、30分ごとの運行。

R-DSC_2702.jpg
眺望は、最高にきもちいい。

R-DSC_2704.jpg
間もなく獅子岩駅に到着。

R-DSC_2705.jpg
ここから、弥山山頂(中央の山)へと登って行くのだが、
きちんと装備を整えて行くのが良いようだ。

R-DSC_2700.jpg
ひとまず、眺望を満喫して、展望台を後にした。
(けっこう高さがあるので、揺れると怖い。)

お土産売り場街まで戻ってきて、またまた、いい匂いに誘われる。
広島といえば、牡蠣・・・そう、牡蠣を食さずして、宮島を語るな!である。
(誰も語ってないが・・・。(笑))
しかし、昨日の夕食も、牡蠣尽くしとはなっていないのは、なぜ・・・?
そう、それは、『娘が、牡蠣が苦手だから!』という単純なことからである。(爆)
親として、娘にも、気を使ったのである・・・?(そういう事にしておこう!)

R-DSC_2713.jpg
しか〜し、私も、奥様も、牡蠣は、大好物!!
ならば、ということで、焼きガキを食す。

R-DSC_2714.jpg
大粒で、ぷりぷりしている。
うまいんだよ~!
で、ぺろりと平らげたのだった。(娘は横で焼き芋を食べていた。)

君たち、まだ食べるのか!!・・・と、鹿もあきれていたとか、いないとか。

R-DSC_2716.jpg
とどめは、紅葉天という、てんぷら。(カキ・エビ・タコの3種)
だれだ?もうすでに、かじっているのは・・・。

てなことをしつつ、お土産も買い込み、ホテルまで戻ったのだった。


AM11:25宮島に別れを告げた。
R-DSC_2719.jpg


さらば宮島、又合う日まで!

駐車場まで戻って、駐車料金を支払い、次なる目的地、原爆ドームへとむかった。

R-DSC_2725.jpg
PM0:25原爆ドーム到着。

R-DSC_2734.jpg
中学校の修学旅行で行った記憶がある。
その時は、原爆ドームが、もっと大きかったように思えたのであるが、回りの建物が
大型化、高層化する中に、埋もれていくような、戦争体験のない私たちの記憶からも、
消し去られていくような、錯覚を覚えた。

R-DSC_2728.jpg
しかし、平和記念資料館を訪れたとき、日本人として忘れてはならない、
いや、人間として忘れてはいけない事実が起こったことを再認識させられたのである。


R-DSC_2730.jpg
今年の年明け早々、平和記念公園にある原爆死没者慰霊碑に金色の塗料が吹き付けられた事件があった。
塗料は「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻まれた文字のうち、「過ちは繰返しませぬから」の部分につけられていた。
私たちが訪れたときにも、その痕跡は残っていた。

『虚しい。』
その言葉しか思いつかなかった・・・。
一日でも早く、全世界から、核の恐怖が無くなることを祈るばかりである。

気を取り直し、やはり、広島と言えば、お好み焼きであろう!
(又、食うことかい!)

駐車場受付のおばさんに聞いてみた。

『このあたりで、美味しいお好み焼き屋さんはありますか?』

おばさん『そこに見えてるところがあるやろ、そこが有名や!・・・でも、私らは、行かん!』

『えっ、何で?』

おばさん『美味しいんやけど、観光客相手で、高いから・・・。』

『どこかないですかねぇ?』

おばさん『ここから、商店街まっすぐ行ったら、ミスドがある、そこの地下に、スーパー
があって、そこの奥に、いま言うた店と同じ経営者がやってるお好み焼きやがあるんよ、
そこなら、同じ味で、値段は半分やから、そこがええかもしれん!』

ありがたい、言われるままに行ってみた。
R-DSC_2731.jpg
目印のミスド発見!

地下におりて、スーパーを横切り、レジの反対側・・・あった。
PM2:40ちょっと遅い昼食。

R-IMG_0034.jpg
私は、そばたま大。

R-IMG_0035.jpg
奥様、娘は、チーズスペシャル。
見比べて、違いがわからないのだが・・・?(笑)

確かに、回りで食べている人は、学生風の人、地元の若者、買い物帰りのおっちゃん・・・etc。
関西風に慣れ親しんだ者にとっては、広島風お好み焼きとは、なんぞや?
・・・と思うであろうが、とても美味しく頂いた。(笑)

PM3:30帰宅の途に・・・。

今回の旅行も、終焉を迎えようとしていた。
予定では、このあと、娘を広島駅まで送っていき、電車で山口まで帰らせて、
私たちは、しまなみ海道経由で、今治に渡り、自宅へと向かうプランであったのだが・・・。

奥様『焦って帰ることもないので、娘を、山口のアパートまで連れて帰ってやれば?』
私 『ええよ。』
親バカの真骨頂である!

てなわけで、広島市内から、急遽Uターン。
さきほど通ってきた道を逆戻り。
今朝別れを告げた宮島に、こんなに早く会えるなんて・・・。(爆)
大野インターから
高速に乗って防府東インターでおりて、国道262で山口市内へ入り、娘をアパートへ。

PM5:51とんぼ返りで、我が家をめざす。

PM7:30柳井港着。
ここで、フェリー出港まで約一時間、時間待ちと相成ったので、近くのコンビニで
お弁当を購入。(車の中で済ませた。)

PM8:30柳井港発。

PM11:00三津浜港着。

PM11:55自宅着。


お疲れ様〜!

いつもながらの、
行き当たりばったりの、珍道中であったが、
思い出に残る、いい旅行であったと思う。


これからは、
なかなか家族そろって旅行する時間も
ままならないだろう。

今回の旅行は、
これから社会に出て働く娘へ、
父母からの精一杯のエールとする・・・。







~最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございます。~

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

        
ブログランキング、参加中です。
よろしければ、“ポチッ”と、お願い致します!

スポンサーサイト

 

初詣旅行1

毎年、初詣に行くのだが、
奥様と、なかなか休みが合わず、一月下旬過ぎに行ければいい方であった・・・が、
今回は運良く、お互いの連休が重なったので、娘も誘い、初詣をかねて、プチ旅行と相成った。

もはや娘も大学卒業予定(卒論提出日は、すぐそこらしいが。)で、どうにか就職先も決まり、
これからは、家族旅行もままならないことは明白・・・。


行き先は、今、注目?のNH○大河ドラマの平清盛ゆかりの地・・・というのは全く考えもせず、
ただ単に、娘との合流を考えて、『安芸の宮島』を選択。

R-DSC_2606.jpg
AM7:50自宅出発。
外は大霜で、外気温-1℃

R-DSC_2607.jpg
AM9:07 三津浜港着。

R-DSC_2609.jpg
AM12:10柳井港着。
娘と合流後、近くの丸亀製麺にて、昼食。
本土に渡ってまで、なぜ?讃岐うどん・・・。(笑)

R-IMG_0013001.jpg
私は少なめに、肉うどん・・・だったかな?と、おむすび2個、ちくわ天。

R-IMG_0014001.jpg
嫁さんは、素うどん、ちくわ天、イモ天。
娘は、温玉うどん、ナス天。

お腹いっぱいになったところで、混雑してきた店を出て、車を走らせる。
前回の、フグ食い倒れツアーの時、娘の都合上、一緒に行けなかった錦帯橋にも立ち寄った。

R-DSC_2618.jpg
待っててくれたか、錦帯橋!2年ぶりに戻ってきたぜ!(笑)
PM1:25錦帯橋到着

R-DSC_2623.jpg
先ずは、ここ!
クレオパトラの涙(娘)・プリンソフト(私)・ダイエットのため無し(奥様)

R-DSC_2626.jpg
今回は、岩国城までは行かなかったが、公園を少し散策して、
次なる目的地、宮島へと車を走らせた。

R-DSC_2630.jpg
PM2:15錦帯橋出発。

広島県に入り、ナビ上では、宮島口フェリーターミナルまで、あと7分と表示された。
もう、目の前である・・・

R-DSC_2631.jpg
・・・が、ここからが、大渋滞で、前に進まない!!
錦帯橋からは、1時間もあれば十分到着できる距離であるのだが・・・。
渋滞中の車窓からめをこらせば・・・。

『あっ、鳥居が見える!』


R-DSC_2632.jpg
望遠で寄ってみた!

目的地は目前!
でも、前に進まないのだ!

時間をかけ、なんとか少しづつ前進・・・。

宮島には、観光客が車で渡っても、走るところはほとんどないし、駐車場があまりないので、
本土に車を置いて渡ってくださいとホテルからの案内に書いてあった。


またこれが、駐車場がどこも満車状態で、なかなか入れない・・・!
どうにかこうにか、フェリーターミナル近くに確保できた。

R-DSC_2633.jpg
PM3:52宮島口フェリーターミナル着。

R-DSC_2639.jpg
JR西日本が運航しているフェリーに乗り、約10分で宮島到着。

PM4:10宮島着。
フェリーターミナル前に、ホテルの方が、迎えに来てくれていた。
(ホテルまで徒歩5分とかからなかった。)

R-DSC_2642.jpg
フェリーターミナルを出てすぐ、広場(公園?)になっているのだが、
そこ、ここに鹿がいる。
奈良の鹿とくらべて、おとなしく、近寄っても、微動だにしない。
頭をなでても、ジッとしているのだ・・・置物かと思ったくらいであった。

R-DSC_2718.jpg
本日お世話になる宿は、ココ!
ホテルみや離宮
PM4:20ホテルにチェックイン。

一息つく暇もなく、ちょうど、干潮の時間帯。
鳥居まで歩いて行けるかも・・・?

PM4:40パワースポット宮島参り開始。

R-DSC_2644.jpg
参道入り口。

R-DSC_2646.jpg
夕暮れ間近でも、この人混み・・・。

R-DSC_2650.jpg
押すな・・・落ちるじゃないか!

R-DSC_2653.jpg
残念!水かさが増していたので、鳥居まで歩いて行くことはできなかった。

R-DSC_2655.jpg
世界文化遺産認定。

R-DSC_2670.jpg
本殿中心から、鳥居を望む。

R-DSC_2666.jpg
本殿を背景に・・・。

R-DSC_2673.jpg
おみくじ結んで大願成就。

だんだんと、日が傾き、あたりが薄暗くなっていく。
お腹も減ってきたようで、ホテルに帰る道すがら、お土産物街?からいい匂いが漂う。

R-DSC_2677.jpg
その途中、大杓子が展示してあった・・・でかい!

さあ、ホテルに帰って、お楽しみの夕食を頂こうじゃありませんか・・・。

PM5:55ホテル着。
ココで、ひとっ風呂浴びて・・・といきたかったのであるが、
PM9:15から、屋形船参拝の予約をしていたので、
湯冷めして風邪でもひいては大変・・・と、先に夕食をいただくことに!

PM7:20食事開始
R-DSC_2680.jpg
奥様が、部屋で食べる夕食がイイ!とおっしゃられるので、お望みのままに!
さすが、奥様!アサヒスーパードライ&宮島ビール。(色の濃いい方)

R-DSC_2681.jpg
前菜・・・なのだろうか?

R-DSC_2684.jpg
伊勢エビのしゃぶしゃぶ。

R-DSC_2685.jpg
アワビのバター焼。

R-DSC_2686.jpg
霜降り和牛のステーキ。

この後、煮物、牡蠣飯、お吸い物、白子と牡蠣のあんかけ茶碗蒸し、デザート!

GIVE UP!!

こりゃ、体重が、やばいぞ、絶対!!
そして、時間は、PM8:45すぎ・・・。

もうそろそろ、屋形船参拝の出発準備をしなくては・・・。
このまま寝てもいいんだけど・・・。(笑)

屋形船乗り場まで、10分弱。

R-IMG_0015.jpg
御笠丸。
外は寒かったが、内部は、暖房がきいていて、寒さは感じなかった。

R-IMG_0025.jpg
屋形船より鳥居を望む。
屋形船で、鳥居の下をくぐるのであるが、神様に敬意を払うため、左旋回をして
鳥居に進入していく。
約、30分程の乗船時間での参拝ではあるが、
パワースポットであることをひしひしと肌で感じる。
これはおすすめである。


身が清まった気がした。

この後、ホテルに戻り、部屋に入ったらすでに、布団が敷いてあった。
ふと、テーブルの上に目をやると・・・
R-DSC_2689.jpg
小さなお弁当箱に、料理長から、夜食の差し入れが!
お腹ははりさけそうだったが、好意を無にすることのないように、
綺麗に頂いた!

屋上展望大浴場から、ライトアップされた鳥居を眺めつつ、ゆっくりと湯につかり、
心と体を、洗い清め?深い眠りについたのであった・・・。

PM11:50すぎ、就寝。

Part2につづく!(笑)
お疲れ様!!





~最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございます。~

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

        
ブログランキング、参加中です。
よろしければ、“ポチッ”と、お願い致します!


 

番外編。

巌流島の戦い。

R-DSC_2023.jpg
じらせて、待たせて、心理戦!
武蔵・小次郎の戦いは、有名だが・・・。

R-DSC_2025_2.jpg
あっ!
という間に決着する、戦いもある・・・!

ごめんなさい、
もう、二度と、しません!!

・・・と言ったか、言わぬか・・・?


~最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございます。~

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

        
ブログランキング、参加中です。
よろしければ、“ポチッ”と、お願い致します!

 

河豚③の予定が・・・?

zzz・・・ZZZ・・・ZZZ・・・ZZZ!
ふぁ~っ、よくねた~!

時刻は、午前6時30分をすぎたところ。

女性陣は、朝の支度に、余念がない・・・。
さ~てと、私はすることもないので、朝風呂行ってこよう!

帰ってくれば、支度も整い、
いざ、朝食タ~イム!しっかし、食う事ばっかやな!(笑)

R-IMG_0144.jpg
バイキング形式なので、食べほうだ〜い!・・・だった。

朝食中も、娘の携帯には、着信音が・・・。
昨夜から、娘の携帯は、鳴りっぱなし・・・。
今時の若者?は、こんなものなかな~?と、思っていたのだが、話を聞くと、
部活のことで連絡ミスがあり、その為に、メールや、電話でのやりとりをしていたらしい。

急遽、今日の午前11時から、会議があるというのだ・・・。

私達に、気を使っているのかどうか、判らないが、
『別に、出なくていいよ!』
と言っていたが、
副部長と言う、立場上、やはり、気になる様子。

予定変更!
湯本温泉から、日本海側を通って、へ出る予定だったが、
娘を会議に間に合わせる為、山口市内のアパートへ送っていく事にした。


ホテルを出たのが、午前8時20分、昨日、通ってきた道を、美祢まで戻る。
そこから、R435に乗って、山口市内へ・・・アパート着、午前10時05分

娘の顔に安堵感を確認しつつそそくさと別れを告げ
行き先変更しての、次の目的地、岩国へ向かった。
ナビ任せに走ったので、どこを、どう通っていったのか判らないのだが、
目前には、錦帯橋が勇姿を現していた。
時刻は、午後0時10分

R-DSC_2089.jpg
建築物に、『美』を見つけ出すことができる。
誠に、美しい・・・。

R-DSC_2093.jpg
この、下側からの眺めも美しい。

R-DSC_2099.jpg
橋を渡るには、通行料が必要だと・・・。
ついでに?ロープウェイと、お城の入場料も入っているチケットを購入。

R-DSC_2100.jpg
なるほど、橋の上部は、こうなっているのね・・・。

R-DSC_2103.jpg
橋を渡りきり、広大な、吉香公園を通り抜けると、ロープウェー乗り場がある。

R-DSC_2105.jpg
いざ乗り込んで、岩国城をめざす。
眼下に広がる錦帯橋。

R-DSC_2111.jpg

R-DSC_2112.jpg
ロープウェー乗り場から、歩くこと5分程で、岩国城到着。

R-DSC_2110.jpg
天守閣へと上ってみる。

R-DSC_2109.jpg
天守閣より、錦帯橋をアップにて撮影。
やはり、美しい!

時計を見ると、午後1時30分
おなかが、ぐ〜である。

とりあえず、引き返す事に・・・。

公園途中で、白蛇観覧所に立ち寄って、かわいい?しろへびちゃん達を見た。
R-DSC_2113.jpg
生後7ヶ月の、みるく&ココア。(どっちが、どっち?かは、判らない。)

だめだ、お腹が・・・ぐる~!
橋のたもとにある、竹の里むさしにて、昼食を。
ソフトクリームの種類が100種類ある事で、有名である。

R-DSC_2119.jpg
私は、岩国寿司と、きつねうどんのセット。

R-DSC_2118.jpg
嫁さんは、岩国寿司・・・のみ?
その後、
プラス

R-DSC_2120.jpg
よもぎ餅の味噌だれと、ソフトクリーム(チーズケーキ)←嫁さん・(抹茶&?忘れた)←私

お腹いっぱいになったところで、時刻は、午後2時50分

そろそろ、
今回の旅行も、お開きである・・・。


近くにあった観光協会で、柳井港までの所要時間を聞いた。
1時間20分ほどでしょうかね~!』・・・。

フェリーの出航時刻は、午後4時5分・・・。
15分ほど、間に合わない計算だ!

とにかく、車まで戻って、ナビにインプット
到着予定時刻を見ると、午後3時45分になっている。

間に合うかもしれない?・・・。

一か八かで、錦帯橋を後にした・・・かったが、
駐車場の傍らの、焼きイカの香ばしい匂いに誘われて、一本購入!(またかい!)
それ急げ!、やれ急げ!(笑)

R-DSC_2121.jpg
錦帯橋よ!又会う日まで!

急げ、急げ!
スピード違反しないように、急げ〜!


柳井港到着、午後3時47分!

・・・間に合った!

そして・・・

本州に別れを告げた!

R-DSC_2124.jpg
・・・“ただいま~!!”

山のような、思い出をお土産に、帰宅!

自宅到着は、午後9時10分だった。
(途中、エミフルにて、夕食を・・・。まだ、食うかっ!(爆))

今回、体調を崩したことで、急遽思い立った、家族旅行であったが、あまりの楽しさに、
病気も、退散したようだ。(笑)
もちろん、一緒に行ってくれた家族に感謝、留守番をしてくれた、じい、ばあ、TAN、智沙にも、
感謝である。
まあ、これに懲りず、又、行こうではないか・・・と思った、田吾作だった。
後、何回行けるかは、わからないが、元気で、体が動ける間は、行けたらいいなと思う。
その時は、また、よろしく!


ふぐ、食い倒れツアーの終焉であった!

おつかれさま!



~最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございます。~

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

        
ブログランキング、参加中です。
よろしければ、“ポチッ”と、お願い致します!

 

フグ②

お腹いっぱいになったところで、少し運動を・・・?
ということで、関門橋は、歩いて渡れる地下トンネルがあるらしいことを
事前調査?にて、入手していた。(ただ、るるぶを購入して読んだだけであるが・・・。(笑))


R-DSC_2032.jpg
関門橋の下をくぐり、少し行くと、トンネル入り口のある建物があった。

R-DSC_2031.jpg
関門トンネル人道入口と看板があるので、すぐわかった。
人は、無料。
自転車、バイクは、20円。


R-DSC_2033.jpg
エレベーターで、降りていく。
下関側は、地下55m、門司側は、地下60mだそうである。

R-DSC_2034.jpg
なが〜い、トンネルが目前に・・・。
一応、右側通行だ。
全長、780m、15分ほどで、向こう側に。
観光客にまじって、トレーニングウェアーを着て、ジョギングしている人が
けっこういた。
雨風しのげて、歩いた距離もわかるので、一石二鳥だ。


R-DSC_2041.jpg
下関側から、400mほど歩いたところに、県境の線がひいてあった。

R-DSC_2039.jpg
九州だ〜!
あるいてわたったど〜!!

・・・な〜んも、ない?
対岸が、先ほど入ってきた、下関だ。
よし、帰ろ!で、すぐに引き返した・・・。

R-DSC_2043.jpg
下関側入り口の、道路をわたったところに、壇ノ浦砲台跡があって、
そこに、長州砲の、実物大模型がおいてあった。

おい!そこの、ハゲを帽子でかくした、おっさん、おっさん、反対じゃっちゅ〜とんのに!

R-DSC_2044.jpg
5台ほど並んでいた真ん中の砲台に、100円入れるところがあって、
入れると、音と、煙が出るとかいてあったので、ためしてみた。
お解りいただけるだろうか、砲身から、煙が出ているのが・・・。

さてさて、ここで、時計を見たら、間もなく午後1時
まだ、時間があるので、海響館という水族館があるというので、行ってみることに。

先ほどの、唐戸市場のある、カモンワーフまで、引き返す。

R-DSC_2046.jpg
巌流島への観光ボートのりばの前にあった、ファミリーマートに、
前売り券が売っていたのを、思い出して、購入!
ちょっとでも安くなったので、ラッキー!

R-DSC_2047.jpg
さあ、入ろう。

R-DSC_2049.jpg
青く光るトンネルのなかを、動く歩道に乗って、上へと、上がっていく。(階段状ではない。)

R-DSC_2050.jpg
天井、壁面には、映像が映し出されていた。

R-DSC_2053.jpg
降りたら、そこは、海中トンネル!!
どこの、お上りさんだろう?

ここの海響館は、スナメリのバブルリングが有名らしい。
R-DSC_2060.jpg
上から降りてきた、空気吐出口から、器用に空気を吸う。

R-DSC_2065.jpg
ハイ!拍手拍手!
上手に、バブルリングを見せてくれた。

R-DSC_2068.jpg
ちっこくて、どこにいるのか判らない程の、クリオネ?だったっけか・・・?

R-DSC_2067.jpg
直立不動で、目をつぶって寝ている、 
アザラシ?だったっけか・・・?

 歳とると、記憶が曖昧になる・・・。(笑)

 この水槽の中に、アザラシが、4頭ほどいたが、
 直立不動で寝るのは、この子だけだった。

 なぜか、この写真だけ縦撮りになっていた・・・。
 まっ、いいんだけど・・・。



R-DSC_2054.jpg
そう、怒るなって!
さっき、君の、兄弟を食ったことはあやまるから・・・。


てな、ことを言いながら、海響館を堪能。
時間は、午後3時前

本日の宿は、長門湯本温泉。
ここから、2時間くらいかかるか?
とりあえず、ナビをセットしなおして、海響館駐車場を後にした。

結構、田舎道ではあるが、道路自体は、きれいな道で、走りやすい。
しかし、この、ナビには驚かされる。
言われるがままに走って、目的地に、きちんと案内してくれる・・・。
今まで、嫁さんと、道を間違えたとか、曲がるところが違ったと言って、
何度、ケンカ口調になったことか!(まぁ、勝てはしないのだが・・・。)


R-DSC_2071.jpg
午後5時15分、宿に到着。
湯本観光ホテル西京。


R-DSC_2072.jpg
チェックインを済ませて、部屋で一服。
ゆっくりと、ひとっ風呂浴びて、午後7時からの夕食に備えることに。

R-DSC_2073.jpg
目の前には、豪華な食事が並ぶ・・・が、この時間帯、忙しいらしく、
席には着いたが、係りの人が来ない・・・。
だれか~っ、ラップをとってくれ~!!
お預け状態が続く。(よだれがっ!)
R-DSC_2074.jpg
フグ刺しだ!
これとは別に、刺身盛り合わせもあった。
待ちきれなくなって、自分達でラップをはがしていると、係りの人が
申し訳なさそうに、来てくれて、準備してくれた。

さあ、お食事開始!

まずは、食前酒の、梅酒?で、乾杯!
私は、これで、酔いました。(笑)

R-DSC_2075.jpg
この白子が超美味しかった。
娘は、要らないといったので、もらった。
オ・イ・シ・イ・!

R-DSC_2076.jpg
こちらは、フグ鍋、そして、フグしゃぶ
コラーゲンの塊を投入して、鍋にするのだ。
コクがあって、うまい。

嫁さんは、これがお気に入りで、スープをわき目も振らず、飲んでいた。
一回くらいコラーゲン取ったところで、あまり変わるとは思えないのだが・・・
翌朝、見違えるほど、べっぴんさんになっていた・・・。これでいい?

R-DSC_2079.jpg
何牛か、忘れたが、とてもやわらかくて、美味しかった。
この辺りになると、お腹がパンパンになってきて、少し苦しくなってきた。

R-DSC_2080.jpg
やはり、フグのから揚げは、はずせない!
嫁さん、娘は、ギブアップ寸前!

R-DSC_2081.jpg
フグしゃぶを食する、田吾作。

R-DSC_2082.jpg
もうすでに、ギブアップした嫁さん、娘を尻目に、魚の煮つけが出てきた。
係りに人に、魚の名前を聞いたが、忙しかったのか、回答は得られなかった。

R-DSC_2083.jpg
茶碗蒸し、お吸い物、ご飯とでてきたが、さすがに、私もギブアップ!
蓋は開けたが、元に戻した。(笑)

R-DSC_2084.jpg
最後に、デザート
耳、鼻、目、口、カラダの穴と言う穴をすべておさえて、飲み込んだ。(爆)
満足を通り越した、見事な、食事であったことは、言うまでもない。

実は、この後、テーブルに、茹でたカニ皿が出てきたのだが、
こちらが、“えっ?”という顔をしたら、係りの人も、間違いに気づき、
またまた、申し訳なさそうに、謝って、カニ皿を下げていったのだった。

どうやら、隣の席の分を間違えて運んだみたいであった。


R-DSC_2086.jpg
超満足、超満腹で、部屋に帰る途中、足湯で、一日最後の労をねぎらい、
床に就いたのだった。
就寝、午後、10時頃?
(気がつけば、心地よい眠りに陥っていたので、詳しいことは判らない・・・。)

またまた、次回へ続く・・・!!



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

        
ブログランキング、参加中です。
よろしければ、“ポチッ”と、お願い致します!

 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

田吾作

Author:田吾作
我が家のアイドル、ダックスのTAN君と
理解のある?、優しく?、美しい?奥様と
・・・共に繰り広げる、奇想天外、ドタバタ日記!

ブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。