ええかげんにしなはいよ!

嫁さんから開口一番、言われる言葉・・・です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいごなんだよ〜?

さてさて、いったい、PARTいくつになるんだっけか・・・?
え〜と、いち、に、さん・・・
PART Ⅶだ!!

一般的なMartinフリークとすれば、最終的にたどり着くところは、D-45じゃないかと思う。
何十年も前、フォークソング全盛時代、あこがれのミュージシャンが、TVに写ったりしたら、
釘付け状態!!

そして、必ず、ミュージシャンと一緒に写っているアコギは、舶来モノ。
特に、Martin D-45の、キラキラ光る、貝ガラづくしには、あこがれたものだった。
(指板の、ヘキサゴンインレイのインパクトはすごかったなぁ・・・。)

R-1124155888124_1121947317799_MARTIN_D45_MAIN.jpg
マーティン・ギターの品番は頭のアルファベットがサイズを表し、後の数字がデザイン/使用材料を表す。
“45”という番号は、最高の材料と技術を使って作ったという証でもある。
“45”という番号を冠すにふさわしい素材がない場合、けしてそのモデルが作られることはない。
D-45は、文字通りマーティン・ドレッドノートの最高峰である。
全ての面で最高の素材を使って作られ、製造工程における品質チェックも他のモデルに比べ一段と厳しいものになる。
したがって、作られる数も非常に少ないモデルだ。


実際、TVでも、なかなかお目にかかれる時代じゃなかったし、
コンサートへ行くにしても、学生身分じゃ、そうそう行けない。
とくに、地方の、田舎になど、来ようはずもない・・・。

雑誌、歌本、レコード・・・夢中で買いあさったなぁ・・・。

まぁ、その当時、いくらアルバイトしまくって、小遣いためようが、逆立ちしようが、断食しようが、
道ばたに寝転がって、手足をばたばたして、駄々をこねようと、とうてい、手の出せる代物ではなかったのは事実・・・。

月日はながれ・・・。

確かに、キラキラモノは、大好きではあるのだが、D-45を手に入れるという事は、
他人様の目から見れば、それなりのテクニックも持ち合わせているだろうと思われるのは必須。

そんなテクニックなど、持ち合わせていないので、(あくまで、収集家?(笑))ここは、もっとコアに、
D-45Vと言う、45シリーズの中では見た目、少し地味なアコギに触手をのばすこととなる。

R-P6030366.jpg
“オリジナル”と呼ばれる第一期のD-45は1933年に当時のカントリー・スター、ジーン・オートリィの特別注文から始まり、1942年に戦争の物資制限による材料不足から製造中止となった9年の間に作られた91台のことを言う。この9年間の間にもいくつかの仕様変更が行われたが、D-45Vは、フィンガーボード・インレイや、内部のブレーシング構造その他に、ごく初期のスペックを踏襲した。外観だけでなく、その音も“頂点”を極めたモデルである。



R-P6030368.jpg
D-45の最たる特徴である、指板のヘキサゴンは、落ち着いたスノーフレークに変更されている。
指板サイドから、サイド・バックインレイは、レギュラー品と同じである。
うつくし〜い!

R-P6030352.jpg
この、「縦ロゴ」が、たまらない。
グローバーペグじゃなく、バタービーンペグ。
おしゃれだ。(笑)
いくら、おしゃれといっても、磨くだけじゃぁ・・・。

はいはい、言いたいことは、わかってる。
どーせ、
豚に真珠・・・さ!



音については、人それぞれなので、なんとも・・・だが、一つ言えることは、
寄り道せず、最初からコレに行っておけば、余分な出費はおさえられた・・・!と言うこと!!(爆)
自分が、昔、TVや、レコードで聞いたあの音に聞こえるのだ!
煌びやかで、繊細な音から、力強い音まで、弾き手の技量そのままに反応してくれる・・・。

つまり、
上手な人は、もちろん上手に、
下手な人は、下手にしか聞こえない
・・・と言うことだ!


ただ、D-28には、D-28の音、OOO-28には、OOO-28の音があるのも事実。

あのギターが・・・イヤ、このギターが・・・、イヤイヤ、こっちのほうが・・・
まずは、弾くべし、弾くべし、弾くべし!

弘法、筆を選ばず!になりたいものである。

R-P6030351.jpg
ちなみに、ほとんど、この状態で、お蔵入りである・・・。

ギター買うのも、
これで・・・・・さいごなんだよ〜?・・・・・たぶん!!(爆)


でも、私の最終目標はテリーズテリーなんだけどなぁ・・・!


~最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございます。~

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

        
ブログランキング、参加中です。
よろしければ、“ポチッ”と、お願い致します!

Comments
 
早速、明日の晩方から某カフェに集まるらしいですよ(^_^ゞ
もちろん、愛用のギター持って行かれるのでしょうhttp://i-yoblog.com/img/d/63912.gif>
 
田吾作さん、すごい!!素晴らしい!!エライ!!
亭主関白の鑑です!!ボクなんて
こんなスゴイもの「買う」なんて言う勇気がありません!!
奥様への焼酎詰め合わせなんて・・・安いもんじゃないですか!!
すごいなぁ~。奥さんは知ってるんですよねぇ~。
奥さんも寛容だなぁ~。夫唱婦随ってやつですかぁ。
尊敬します!!これからは師と仰がせていただきます!!
はっはぁ~。
 
さて、ぺぺでのライブはいつにしましょう?
 
ゲンさん
おはようございます。
行きたいのですが、あいにく、土日お仕事ですので・・・。
ははは、持って行っても、腕がついていきません・・・(笑)。
 
魚菜っ葉(ゲロッパ)さん
おはようございます。
魚菜っ葉さん、あのですね、え~っと・・・
ですから・・・、つまり・・・。(しくしく)
>亭主関白の鑑です!! ⇒ 亭主淡白の鑑です!!
>勇気がありません!! ⇒ 三行半を突きつけられる覚悟!!
>焼酎詰め合わせ   ⇒ 確かに、安い・・・?
>奥さんは知ってる  ⇒ ・・・お願い・・・言わないで!
>夫唱婦随      ⇒ 負傷付随(ばれたら、ただでは・・・)
と言うことですので、魚菜っ葉師匠、いや、魚菜っ葉大明神様、
秘密にしといてください・・・。
 
くーさん さん
おはようございます。
まず、腕を磨く・・・。
それから、ギターを磨く・・・。
・・・いつまでも、磨く・・・。
う~ん、30年後ぐらいでしょうか・・・?(爆)

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

田吾作

Author:田吾作
我が家のアイドル、ダックスのTAN君と
理解のある?、優しく?、美しい?奥様と
・・・共に繰り広げる、奇想天外、ドタバタ日記!

ブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。