ええかげんにしなはいよ!

嫁さんから開口一番、言われる言葉・・・です。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はこれで、・・・やめました!

我が家のギターPART Ⅱ!・・・あれっ?
いやまてよ、正式には、PART Ⅴ!だ!
PART Ⅰが、YAMAHA N-500の① YAMAHA N-500の②
PART Ⅱが、Martin D-28
PART Ⅲが、Martin 000-28CTM
PART Ⅳが、YAMAHA LL120MS Custom

それでは、始まり始まり!

30年以上前に、フォーク小僧だった私が、もう一度アコギにのめりこんだきっかけになったのは・・・。

いまから、10年ほど、昔の話。
まずは、ネットの、オークションで、YAMAHのLL33Jというギターを手に入れたのだった。
ll33j[1]
ナット、サドルの作成や、弦高、ロッド調整、塗装まで、細部にいたるまで、勉強させてもらったギターだった。
今は、売り払って、手元にはない。

そんななか、2000年12月末で、
ヤマハの、スペシャルオーダーメードシステムが終了する・・・。
そんな噂が、まことしやかに流れた、・・・いてもたってもいられなくなった。

で、スペシャルオーダーメードシステムって、何?
まぁ、簡単に言うと、ギターを、自分の好きな様に作ってくれるシステム・・・。
フォーク親父にとって、夢のようなシステムだった。

~カタログより~

DSC_1255.jpg
 ここでは、①右用、左用、6弦、12弦
      ②ボディー形状(裏板、側板の種類)
      ③ヘッド形状
      ④ヘッドバインディングの選択

DSC_1257.jpg
 ここでは、⑤ヘッドインレイ
      ⑥ペグ
      ⑦指板端面形状
      ⑧指板サイドバインディング
      ⑨ポジションマーク
      ⑩ヒール彫刻
      ⑪ボディー塗装の選択

DSC_1258.jpg
 ここでは、⑫ボディバインディング
      ⑬サウンドホールバインディング
      ⑭ピックガード
      ⑮ブリッジ形状
      ⑯ストラップピン
      ⑰弦止めピン
      ⑱ネーム入れ
      ⑲ピックアップマウント
      ⑳弦の種類の選択
大まかに書いて、これくらいだが、まだまだ自分で、『こうしてくれ、ああしてくれ。』と、大体のことは聞いてもらえる。
ただ、凝れば凝るほど、金額が上がる・・・。

そして、出来上がったギターがこれ。
SLX(LA58X)
DSC_1254.jpg

実は、迷った・・・。
L53系(N.S.Pモデル、さだまさしモデル、原型)にするか、
LA57系(石川鷹彦モデル、原型)にするか・・・。
両モデルともテリーズテリーの中本輝美氏が生みの親?といえるのだが・・・。
少し、小ぶりな形状が気に入り、ほとんど宅録でしか使用しないだろうと思い、LAにしたのだった。

DSC_1238.jpg


DSC_1253.jpg

ピックガードが無いように見えるが、透明ピックガードが貼ってある。
ボディ形状はLA、ピックアップはSYSTEM38 (外部プリアンプ)搭載。
音色は、『とにかく、LAの音?』
一音一音が、はっきりしているので、ストロークよりは、フィンガリング向け。
ほとんど弾いていないので、音が硬いように思う。(コロコロしているような音・・・?)
こだわりは、裏板、側板の柾目の、ハカランダ。
(ブラジリアンローズウッド)

DSC_1239.jpg
ヘッドは、LL55系。

DSC_1240.jpg
ポシションマークも、LL55系。

DSC_1250.jpg
側板も、貝巻きで、キラキラリン!

あまりに、美しすぎて・・・。
ひ、弾けない・・・。

弾いてやれよ~!

おっしゃるとおり・・・。
眺めているだけでは、楽器はかわいそうだ。
弾きこんでやらねば、鳴らなくなってしまうのだ。

これから、ぼちぼち弾こうと思う・・・。

このギターを購入するにあたって、ひとつ、よかったこと・・・。
それは・・・・・・・・・・。

私はこれで、・・・やめました!

そう、支払いのために、(小遣いのなかでやりくりしないとね!!)
タバコをやめた。
タバコやめたのはいいが、メタボになった。
そして・・・
ヤマハスペシャルオーダーメードシステムは・・・?
New LLシリーズとともに、その後、復活したのだった・・・。(焦る事無かったじゃん・・・!)
現在、ボディ形状は、LLしか受け付けていないらしいが、もしも、上記仕様でオーダーしたとすれば・・・
200人近い、諭吉さんが飛んでいくみたいだ・・・。くわばら、くわばら!
Comments
 
るなぴーさん
こんばんは。
これが・・・私が求めている音ではありませんでした!(笑)
といっても、眺めて、ワックスかけてるだけじゃ、ダメなんでしょうけれど・・・。(爆)
テリーズテリー・・・あこがれです!!
いつかは、きっと・・・でも、世の中は、いろんな誘惑が多すぎて!!(大爆)
 
140万とな・・・・・・・
命縮まりそ・・・・・・
僕の53の3本分・・・・・
きっと3倍くらいすごい音なんでじょうな・・・・・・
僕だったらテリーズテリーにするだろうな・・・・・
買えないけれど・・・・・・
というか、弾いて聞かせることがないので・・・・・
 
るなぴーさん
こんにちは。
140諭吉ほどかかりました。
もちろん、今ではとても注文などできません・・・。
(あの頃は、勢いがあったな〜!とおもいます。(笑))
音は・・・一音一音が、粒だっていて、お互いが、邪魔しない、きれいな音です。
しかし、残念ながら、私が求めている音と、少し違っておりました。
今だに、自分の欲しい音のする、『この一本!』といえるギターを求めて、悪戦苦闘しております。
 
オーダーで出来上がったSLXはいくらかかったのでしょうか?
また。。。。。どんな音なんでしょうか?
聞いてみたいですねぇ。
私はカスタム注文する自信なんてなかったから、2000年にLL53DRをオーダーしました。
その後、このシリーズは生産中止となったのでラッキーだったのかも。
今ではとても注文できませんので。
 
僕の親父もでしたけど、タバコやめると太るみたいですね。
何でだろう(・◇・)?
 
西川周平さん
こんばんわ。
私も、元々は、最初に手に入れたギター(中学一年のとき)を探すために、
オークションめぐりを始めた訳です・・・。
今でも毎日見てるんですけれど、いまだに見つかっていません・・・。(笑)
多分、見つかるまで、オークションのページは見ることでしょう・・・。
 
いいなー
あーぁあ オイラはやっぱ原点(中学の時、クリスマスプレゼントにって無理矢理レコード店に飾ってあったクラシックグィタアを父親にねだった!)に帰って中古屋探すかなー って思えた記事でした。
tangoさん有り難うhttp://i-yoblog.com/img/a/63427.gif>
 
ギターの美しさに、ぼぅーっとしてしまいました。
まるで装飾品みたい!!
使えない気持ち、分るような気がします。
でも、これほどの名品が手にあるのに、
弾かないで居られるやろぅか?とも思います。
お部屋のアクセサリーになってしまわないように、
お好きな音が出せるまで、弾き込んであげて下さい(^^♪
 
risa-mamaさん
おはようございます。
そうですね、宝の持ち腐れにならないようにしなくては・・・と思っております。(笑)
部屋のアクセサリーどころか、押入れの中で、眠っております。(爆)
ただ、時間が、無いのも事実です。
仕事は定時におわりますが、しなくちゃならない事が、多すぎて・・・。
一日10分でも、弾いてやろうと、心に誓う田吾作でした。
 
魚菜っ葉(ゲロッパ)さん
弾いてやってなんぼでしょうね・・・。
でも、自分の好みの音っていうか、お気に入りの音っていうのがあるんです。
やはり、その音を奏でるギターを好んで弾くようになります。
そうならないためにも、ガンガン弾きこんでやらないとダメみたいです。
 
美しいですね。楽器って美しいですよ。
記事と写真を見ていてちょっと感動しました。
形も装飾も材料も艶や光加減も美しい。
福沢さん、何百人でも飛ばしてやってください。
飛べ飛べ、福沢諭吉!!
いやぁ~美しい!!ホント、素晴らしい!!
 
海坊主さん
こんばんわ!
それがですね・・・。
ご飯がおいしいんですよ、とっても!(笑)
それ以外でも、お菓子も、ケーキも、パンも、饅頭も!
がばがばいっちゃいます・・・。
気が付けば・・・メタボ街道一直線!です。(爆)
 
球体関節人形制作中?さん
残念ながら、まだ弾いておりません・・・。(笑)
エンジンスタートが遅いんです。
なかなか、自由になる時間がありませんので、あせらず、ゆっくりですね・・・。
 
スペシャルオーダー…すごい。好きな人にはたまらないシステムですね。
そろそろ、弾いている頃でしょうか?
 
くーさん さん
仕方ないと言えば、仕方ないかも・・・って、自分で納得してはいけません!(笑)
やはり、努力が必要です・・・。
今年の夏までには、おなかポッコリから、脱却するんだ~!(無理?)
さらばじゃ~!メタボ!・・・・・と言いたい。(爆)
 
好きなものをやるには、犠牲が必要!
メタボは仕方ないか!?
お大事に…

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

田吾作

Author:田吾作
我が家のアイドル、ダックスのTAN君と
理解のある?、優しく?、美しい?奥様と
・・・共に繰り広げる、奇想天外、ドタバタ日記!

ブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。